« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

結婚披露宴

 昨日は職場の先輩の結婚式でした。何かとお世話になっている先輩ですし、式の開始よりかなり前に集合して余興の練習もあるということで(実際にはほとんどやらなかったのですが...)、朝から二次会終了まで丸一日がかりでした。

 ふー、でもなんだか疲れちゃいました。そんなに飲んだわけではないし、遅くまで付き合ったわけでもないので、気疲れの方が大きいです。当の先輩は人間的にも申し分なく、たいへん付き合いの広い方で、職場でもそれなりの勢力を持っておられます。当然ながら、披露宴や二次会は親しい仲間の方々を中心に回っていくわけで、少なくともその仲間には入っていない私としては、先輩の新しい門出をお祝いしたい気持ちがありながらも、どこか居場所のない感じで無理をしているのです。まあこのような状況は今回に限ったことではなく、私自身、人間的に行き届かない面も多くありまして、そもそも昔から友人は少ない方ですし、職場においてもその傾向は変わりません。私の一番弱いところ(気にしているところ)でもあります。

 そんなわけで、昨日一日を通して、自分が人間関係において置かれている状況をあらためて再認識させられたわけで、披露宴や二次会が盛大であることに比例して、私の気持ちもへこんでいくわけです。(先輩には何一つ落ち度はありませんので申し添えておきます。)

 でもあれこれ悩んでいても仕方ありません。私には養うべき家族もいますし、自分の道を信じて自分なりの人生を歩んでいくしかないのです。「四十にして惑わず」が当面の目標です。

 総合技術監理部門の学習は、平成19年度に出題されたBCPに関して、自分の業務に関して整理して所定の原稿用紙5枚にまとめてみました。でも試験まであと1カ月しかないですよね。今度は択一式問題が不安になってきました。限られた時間でのペース配分をうまく考えていかなければなりません。気を緩めずに乗り切っていきたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

ナレッジマネジメント

 この2週間は、またまた、ブログ更新も惜しんで今度は記述問題対策に邁進しました。先輩技術士へ素案を提出して、気分的にひと区切りついたせいからか、ややだらけ気味ではありましたが。平成20年度と平成19年度の記述問題をベースにして、やはり思いついたことを付箋紙に記入してノートに貼りつけていきました。これはなかなかいい方法でした。

 平成19年度問題については、この付箋紙ノートを基に、5枚の解答用紙に実際に手書きでまとめてみることもしました。5枚を記述するペース配分の勘を取り戻すことと、手を慣らすため(私は2年連続で午後から手が攣って、答案の一部はミミズ文字になりました。パソコン作業の弊害ですよね。)です。

 勉強していて、ふと思ったのですが、総合技術監理部門を学習すること自体が、情報管理風にいうと、自分の知識を「ナレッジマネジメント」する、つまり、自分の「暗黙知」もしくは「埋設知」を「形式知」へ変換することにつながるのではないでしょうか。(最終的には、私の「個人知」を「組織知」へ還元しなければならないのでしょうか。)少し嬉しくなりました。

 今晩これから、平成19年度問題の自分の解答案について、ワードの原稿用紙モードで清書して、できれば先輩に指導を頂こうと思っています。

 プロ野球は交流戦が終わりました。カープはまずまず、楽天は前半が厳しい結果でしたね。これからも2チームの活躍を気持ちの支えにして(少し大袈裟ですが)、8/1の試験に向けて、走り続けていきます。ある参考書にあった言葉ですが、「未知の分野を会得する楽しみをじっくり味わうぐらいの心構えで、合格への道を歩んで」いく所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

ほっと一息

 5/30(土)の夜に、満を持して、船釣りに行ってきました。大物をゲットしたらデジカメで撮影して、このブログで自慢するつもりでしたが...近年稀にみる惨敗でした。いつも行く釣り場ですが、近年はスレてきている気がします。(同行した名人も釣れなかったので腕のせいではありません。)残念としか言いようがありません。次回予定は試験日の2週間前です。試験同様に万全の準備で臨みたいものです。

 この2週間は、釣行にいそしんでいたとき以外はブログ更新の時間も惜しんで、青本読破に邁進していました。択一問題の過去問を解いていたおかげで、ペースを上げて読むことができました。先週半ばにひととおり読破し、忘れないうちにと思い、記述式問題対策として、自分の持ちネタをベースに、5つの管理についてまとめてみることにしました。

 昨年度の自分の技術的体験論文を読み返しながら、総合技術監理部門の視点で、思いついたことを付箋紙へ記入して、A4判ノートへ貼り付けていきました。調子が出てくると意外とたくさん貼れるものです。それなりの分量の付箋紙がそろったので、ワードで箇条書きにまとめてみると、5つの管理について、自分なりの素案を書きあげることができました。

 とにかくここまでの作業を早く終えたくて、この2週間は頑張りました。前にも触れましたが、私の場合は職場に指導していただける先輩技術士がいますので、自分の考えていることを早く先輩に見てもらい、アドバイスを頂きたいのです。今朝は早速先輩のところへ出向き、これまでの学習経過報告を含めて、素案を提出しました。昨年度、体験論文をみて頂いた時と同様に、厳しい意見が出されると思いますが、それを糧としたいと思います。とりあえず先輩のアドバイス待ちということで、束の間ですがほっと一息というところです。

 またこの2週間は新聞等も十分には読んでいませんでしたが、気になったニュースとしては、ブログ市長こと、鹿児島県阿久根市の竹原市長が再選したことですね。やはり世の中が傾いてくると、このような極端な人が台頭してくるのでしょう。ポピュリズムが過ぎると、世の中いい方向には動かないと思います。選挙で「公務員をたたけば票になる」なんていう偏った傾向になるのも嫌ですね。ただひとつ、竹原効果で期待している点は、竹原氏はブログによる意見表明がお好みのようですが、私はインターネット選挙を解禁すべきと思っていますので、その方向へのひとつの後押しになればいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »