« 決意表明 | トップページ | 気分転換 »

2009年8月 3日 (月)

無事終了

 総合技術監理部門の第二次試験、とりあえず大過なく終えることはできました。

 まず択一問題ですが、年々難易度が上がってきている気がします。「不適切なものの数を・・・」という文字に何度出くわしたことでしょう。そのたびに気持ちがへこみそうになるのを必死でこらえて解答を続けました。考えすぎたせいで予想以上に時間がかかってしまい、後回しにしていたクリティカルパスの計算問題を解く時間が危うくとれなくなるところでした。後から再検討したい問題もいくつかありましたが、その時間はとれませんでした。現時点での自己採点結果は、その手のサイトの臨時掲示板の意見を参考にすると、60~70点というところでしょうか。8/10の正解発表が気になります。

 次に記述問題ですが、例年にも増して誘導的な設問になっています。文章もやや抽象的で、今読み返してみても、いまだに出題者の意図を計りかねる部分もあります。最初の45分間考えて悩みましたが、出題者の意図はともかく、自分なりにかみ砕いて、あとは私の持ちネタをベースに書くしかありません。他の方のブログに「要するに、用意している自分の失敗事例を基にして書けばいい」という主旨の意見もありましたが、私の場合は経験が浅く、ネタも限りなくひとつ(失敗事例というには苦しい面がある)なので、これをこねくり回して書くしかありませんでした。果たしてこれが、題意に即しているのか、50~60点に値する内容なのか。一番気がかりな点です。ただ、直前の2週間に、職場の先輩技術士の方に頂いたアドバイスを基に悪戦苦闘した結果が少なからず功を奏したと思われるので、この点はラッキーでした。

 午前、午後とも、ぎりぎりまで解答に取り組んでいて、余裕がありませんでした。午後4時半にやっと解放され、駅で軽くビールを飲む前に再現答案を概要だけでも起こしておこうと考えていたのですが、たまたま自分の後ろの席が大学の同期でコンサルに努める友人だったこともあり、駅前の居酒屋で飲むことになってしまいました。友人の時間の制約もあり、ジョッキ3杯でお開きになりましたが、疲れもあって結構酔っぱらい、帰りの電車は熟睡でした。

 結局、再現答案は日曜日の夜に仕上げました。まだなんとか記憶が残っていてよかったです。

 さてと、今日はお世話になった先輩技術士にお礼と報告をし(一人は休暇でしたので明日)、しばらくは休みたいです。とはいうものの、試験勉強のためにやや押し気味の本業をこなしていかなければなりません。本末転倒では元も子もありません。8月は本業遂行強化月間とします。

 おっと、家族サービスも忘れてはいけませんね。子供の夏休みの思い出作りにいろいろと考えてみます。家族家庭あっての私です。

|

« 決意表明 | トップページ | 気分転換 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212162/30822290

この記事へのトラックバック一覧です: 無事終了:

« 決意表明 | トップページ | 気分転換 »