« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月21日 (土)

再び気分転換

 二日間の出張から帰ってきました。技術発表会のような趣旨の会合でしたが、私も組織の代表として複数回指名されて回答することになり、いい経験でした。内容的に自分の体験論文のテーマに関することもあったので、これからよく復習して、最新の動向を把握しておきたいと思います。夜は旧友と再会して飲むことができ、公私共に有意義な出張でした。

 総合技術監理部門、口頭試験の準備に向けて、再びテンプレートを変更してみました。気持ちを高めるために、渋谷の道玄坂付近をイメージできるものを探したのですが...まあこれでよしとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

七五三

 前回、しょうもないことも書いたので、更新したくなってパソコンに向かっています。

 15日は長男の七五三で、地元の神社へお参りしてきました。今年は日曜日と重なったので、予想以上の人出で混雑しており、せっかちな私は予定行事(お参り、写真撮影、食事)をこなすのに躍起になってしまい、子供本人や周囲への気配りに欠けていたような気がします。反省です。それにしても、今回の息子の衣装は、私が子供の時に買ったものを両親が30年以上保管していたもので、物持ちのいい両親に感心するとともにありがたいことです。先日、写真で久しぶりに見た自分の七五三姿と、息子の姿を重ね合わせて、少し感傷に浸っていました。これから息子がどのように成長していくのか、楽しみでもあり責任を感じる部分もあります。

 先週は忙しかったです。連日深夜まで残業して、どうにか金曜日の締め切りに間に合わせることができました。

 総合技術監理部門の学習は、モチベーションが湧いてきません。仕事も忙しかったのですが、体験論文を提出して、まだ面接まで1カ月以上あるからでしょうか。指導をお願いしていた先輩からも体験論文の感想を頂いたのですが、これでほっとしてしまった感じもあります。気分転換して、今から少し参考書を読んでみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

他人の不幸は...

 土曜日は職場の同期の結婚披露宴でした。彼とは入社以来の付き合いで、妻と知り合ったのも、彼が段取りした合コンがきっかけでしたので、少なからずお世話になっているのです。入社以来、他の同期の固定メンバーと定期的に飲み会をする仲間でもあり、先日は彼のフィアンセも交えてお祝いをしたところでした。いい結婚式でした。いい仲間にも恵まれているようで、幸せそうでなによりであります。これで飲み会のメンバーはすべて結婚(彼以外は子持ち)したので、これからも家族を交えたお付き合いができればいいと思います。

 今回はいつものようにモチベーションが下がることはなかったです。というのも、披露宴で前の部署で一緒だった先輩と久しぶりに話をしていたのですが、その中で、私の同級生が2度の離婚をした上に、最近はアル中気味になっているという情報が...下世話な話ですが、「他人の不幸は蜜の味」なのでしょうか。いくらきれいごとを言っても、所詮人間なんてそんなものです。少なくとも私はそのレベルの人間です。披露宴では、周囲の人たちとひとしきりその話題で盛り上がっていたので、新郎新婦のイベントも見損ねてしまった部分があります。

 総合技術監理部門は、体験論文を提出して試験センターの論文提出状況にも、無事☆マークがついたようです。一息ついたところですが、口頭試験日が年明けということもあり、モチベーションが上がりません。来週には、体験論文の感想をお伺いしていた先輩からの指摘事項が頂けるでしょうから、それを糧にして、最後まで全力で走り切りたいです。技術士受験は「今年が最後」です。

 今月下旬にかけては、本業が多忙になりそうです。自分がメインで新しいシステムを導入したのですが、これがなかなか習得が難しいもので。周囲の方にも慣れて頂けるように努力していかねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

人生のトレードオフ

 月曜日の昼休み、総合技術監理部門の体験論文を郵送しました。万一のリスクに備え、速達便です。

 その足で、職場のもう一人の先輩技術士の元へ伺い、お願い事をしました。今回の提出論文の内容は、総監らしさに欠ける部分もあり、突っ込みどころ満載であると思われます。したがいまして、突っ込みどころ、弱いところを率直に教えて頂き、口頭試験に向けての糧としたいと思ったのです。先輩には快諾していただきありがたい限りです。どんな質問やダメ出しが出るか、楽しみ半分恐怖半分というところです。この際、なりふり構わず前進あるのみです。

 月曜日の夜は職場の飲み会でした。3次会まで付き合って、午前帰りでしたが、先輩の結婚披露宴の時にも触れたとおり、場が盛り上がれば盛り上がるほど、自分の置かれた寂しい状況を再認識してしまい、へこんでくる自分がいます。結局は毎回似たようなことの繰り返しなのですが、そういうことで、今日の午前中はモチベーションが下がりっぱなしでした。休日で、居間にいれば子供達も寄ってくるのですが、なにか上の空で、相手をするのも億劫に感じてしまいます。父親として、とても及第点とはいえませんね。先ほど、筆記試験の合格通知(A判定)が郵送されてきましたが、こんな風では、父親として夫としてC判定です。とりあえず来年1月までは試験に没頭するつもりですが、これからは人生のトレードオフについても考えていかなければなりません。

 口頭試験日は、情報通り年をまたぐこととなりました。今年に限っては、正月気分も少し違ってくるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

体験論文提出へ

 総合技術監理部門、技術的体験論文を書き上げることができました。実は、先週の木曜日に最終案を、指導いただいている職場の先輩技術士へ提出したところ、「大体はいいんじゃないの。それにしても、本当にこれ、自分でやったのかねえ(笑)」とのお言葉を頂いたので、少し安心していたのですが、少し頭を冷ますことにして、今日は朝から図書館にこもって最終チェックをしていたのです。

 今の自分の実力では、この程度が限界かと思います。考え出したらきりがないので、今日で割り切り、後は、口頭試験でいかにフォローするかを考えることとします。明日(月曜日)、速達で郵送します。

 筆記試験合格の喜びも束の間で、体験論文作成や口頭試験のプレッシャーの方が大きいですよね。まあこんなに一生懸命物事に取り組むことも少ないと思いますので、1月にあるであろう口頭試験までの準備期間を大切にしていく所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »